S exual
A ssault
C risis
H ealing
I ntervention
C enter
O saka

病院拠点型ワンストップセンター

当事者の視点に立って、総合的・包括的にサポートします。

被害にあったあなたは、悪くありません

どんな形であってもあなたの同意なしに性的に接触すること、また接触がなくても、あなたの存在を性的におびやかすこと(露出・盗撮・ポルノなど)は性暴力です。被害にあったあなたは何も悪くありません。
性暴力は、からだにも心にも強い衝撃を与えます。被害によって、これまで経験したことのない気持ちが起こってきます。
性暴力はトラウマ(心の傷)を残します。トラウマとなるのは、当然の反応です。あなたは何も悪くありませんし、あなたがおかしくなったわけではありません。

  • 信じられない、

  • 現実のこととして受けとめられない気持ちがする、

  • 恐怖や痛みをあまり感じない、

  • 何も考えられず、ぼーっとする、

  • さまざまな気持ち(恐怖、怒り、不安、自分を責める気持ち)が湧いてくる、

  • 気持ちが落ち込んだり、沈み込んでしまう、

  • 身体の反応がある(どきどきする、過呼吸になる、冷や汗をかく)など、

これらは、多くの人が経験するものです。誰にでも起こりうる当然の反応です。

被害直後に起こりやすい反応

直後のショックが落ち着いたあとも、しばらく不安定な時期があり、次のような症状がみられることもあります。疲労感や苦痛がひどい時、一ヶ月以上長引く時には、専門機関に相談しましょう。SACHICOに相談いただくこともできます。
 
自分の気持ちがひどく動揺し、混乱していると感じる

  • 精神的にとても不安定だと感じる

  • 抑えきれないような怒りや悲しみを感じる

  • 気分の浮き沈みが激しく、落ち着かない など

 
心や身体が麻痺してしまう

  • 事件の時や前後の記憶がない

  • 事件のときにからだが凍りついたような感じがした

  • 事件が他人事のような感じがする など

 

事件に関することが頭によみがえってくる

  • 考えたくないのに目に浮かぶ

  • 事件の夢を見る

  • 事件を思い出させるようなものを避けるようになる など

 
落ち着かない

  • 夜寝付けない、眠りが浅い、途中で目を覚ます

  • イライラして落ち着かない

  • 集中力がなく、テレビが見られない、本が読めない

  • いつも警戒してビクビクする、物音に敏感になる など

回復のために

回復のために、被害後に起こる心とからだの変化を理解し、ケアすることが必要です。あなたのペースで、できることからはじめましょう。
  
自分の生活を取り戻しましょう。

自分が安全だと思えるところで過ごしましょう

マイペースを心がけましょう

少しずつ、食べたり、着替えたり、お風呂に入ったり、眠ったりという、いつもの日常生活に戻りましょう

適度な運動をしましょう

気分転換をしましょう(趣味、読書など)

日記をつけましょう

 
助けを求めましょう。

信頼できる人に、体験や気持ちを話して支えてもらいましょう

信頼できる人に、そばにいてもらいましょう

あなたが必要としていることを伝えましょう 

お問合せ
Contact us
​性暴力救援センター・大阪

事務的なお問い合わせはSACHICO事務局​TEL

072-330-1077

ご相談は

24時間ホットライン

072-330-0799

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now